ジャズピアノ練習 ブロックコード

たまにセッションに行って演奏すると,左手の和音(レフトハンドヴォイシング)と右手の単音フレーズだけで,単調なアドリブ演奏だったなあと思うことがあります。

ピアノでテーマを弾くぞ!とちゃんと準備して,曲のメロディでオクターブのユニゾンやブロックコードなどアレンジを考えていけばいいですが,アドリブでもブロックコードなどバリエーションが広がればカッコよくなるんだろうなあと思います。

さっと手が動くようになるには練習しかないんでしょうね。

ブロックコードもいろいろな弾き方があるけど,ジョージシアリングスタイルという弾き方があります。
オクターブの間に6度の音を含むトニックコードとディミニッシュからなるセブンスコードを挟んでいます。

キーがC(ド)の場合,

右手  ミソラド   ファソ# シレ
左手  ド      レ

右手  ソラドミ   ソ# シレファ
左手  ミ      ファ

右手  ラドミソ   シレファソ#
左手  ソ      ソ#

右手  ドミソラ   レファソ# シ
左手  ラ      シ

これを全部のキーで・・・
アドリブで使うのは大変です。練習することは山ほどありますね。