うちで踊ろう

星野源さんの「うちで踊ろう」。みんなで動画に合わせてセッションして盛り上がっていますね。僕も古いiPhoneがあったので、動画流しながら録画できるじゃん!と思い、やってみました。

この曲、ポップスではよく使われる人気のコード進行に乗って、キャッチ―なフレーズを繰り返しています。そのコード進行は、前半は4拍で変わるのが後半は2拍になってテンポアップ。でもフレーズはずっと続いて聴く人の耳に響くんですね。

キーはEマイナー(#一つ。平行調で言えばGメジャー)。

「ソソミソラシラ」がモチーフになっています。

コード進行は、基本的に|CΔ7|B7+9|Em|G7|のループ。関ジャムで椎名林檎さんの楽曲を解説していたときに紹介されていたパターンです。

後半は|CΔ7 B7+9|Em G7|CΔ7 B7+9|Em G7|と速いチェンジになります。

このコード進行、ジャズ的に解説すると、マイナーツーファイブの変形とも考えられます。マイナーの2-5-1-6です。キーがEmだから、

 F#m-5 → B7+9 → Em → C#m

F#m-5 を F#7 に、C#m を C#7 にモードチェンジすると、

 F#7+9 → B7+9 → Em → C#7

セブンスは増4度離れたセブンスに置き換え(裏コードの関係)できるので、

 C7 → B7+9 → Em → G7

C7をメジャーセブンスにモードチェンジすると、

 CΔ7 → B7+9 → Em → G7