ジャズの歴史

 今のような即興演奏としてのJAZZが定着したのは、1940年代なかばのことです。
チャーリーパーカー(サックス)、ディジーガレスピー(トランペット)、バドパウエル(ピアノ) といった新鋭ミュージシャンたちによって,それまでのダンスミュージック的なジャズ(スイングジャズ)から, 元曲のコード進行に沿った即興演奏を主体としたジャズへと大きく進化しました。
 これをBE・BOP(ビ・バップ)と呼びます。これ以降のジャズをモダンジャズといって、 今のジャズの流れはこの延長上にあると言えます。

 ビ・バップは、即興演奏の競い合いといった感じがあるのですが,もう少しすると、 もっとアンサンブルとして完成度の高いものを求める動きが出てきました。
チャーリーパーカーのもとを離れ、 即興より、アレンジに重点を置いたマイルスデイビスらの演奏に代表される「クールジャズ」、 映画音楽が盛んになり、ミュージシャンが集まった西海岸で始まった「ウエストコーストジャズ」、 ジャズの中心が西海岸へ移ったかに思われた後、再び活況を見せた「イーストコーストジャズ」など、 いろいろ分類がされてます。
 1940年代なかばのビ・バップに対し、1950年代なかば以降のこれらのジャズをHARD・BOP(ハードバップ)と呼びます。 ハードというのは激しいという意味ではなくて,良く練られたとかカチっとしたという意味で使われているようです。

 その後、コード進行に合わせた即興演奏に行き詰まりを感じたマイルスデイビスがモード というものを取り入れて新しいジャズを作りました。代表的な曲に「SO WHAT」というのがありますが、これは、 DmとE♭mだけからなる曲です。コードネームで書きましたが、コードではなくDドリアンスケールとE♭ドリアンスケールを(主に) 使い、コードで起承転結をするのではなく、設定したスケール(音階)を漂うようにアドリブをします。

 さらに、もっと自由にという方向に進んで行ったのが、「フリージャズ」というわけです。

⇒次の記事ジャズピアノの練習法(レフトハンドヴォイシング)