ジャズピアノのおすすめの楽譜・本



 厳選された定番ジャズ・スタンダード227曲が収められたジャズマン必携の一冊「黒本」です。ジャズ・プレイヤー納浩一さん監修ということで,メロディ譜、コード進行は、ジャズの現場で最も使われているものが採用されています。付属のCDには、納さんの所属するEQの演奏による有名曲20曲のテーマ演奏とマイナスワンが収録されています。

 ジャズっぽい和音やフレーズが書いてあるわけではありませんが,こういうアレンジのない譜面を見て演奏できるようになるのがJAZZなのです。

 最初のうちは、こういう譜面を見ても何をどう弾いたらわからないかもしれませんが、レフトハンドヴォイシングと右手でメロディーを弾いていくところからスタートしていくといいと思います。