おすすめのジャズピアノのCD

Portrait in Jazz / 1959年12月28日録音 / Bill Evans(p),Scott Lafaro(b),Paul Motian(ds)

@COME RAIN OR COME SHINE AAUTUMN LEAVES BAUTUMN LEAVES(mono) CWITCHCRAFT DWHEN I FALL IN LOVE EPERI'S SCOPE FWHAT IS THIS THING CALLED LOVE ? GSPRING IS HERE HSOMEDAY MY PRINCE WILL COME IBLUE IN GREEN(take3) JBLUE IN GREEN(take2)

ファンキーなジャズではなくて,芸術として理知的に追求していったのがビルエヴァンスです。 ビルエヴァンスのアルバムでは,スコットラファロ(b)が入ったリバーサイドレーベルの4作品が代表作として有名で,本作品はその一つです。このトリオでベースの スコットラファロは,それまでのピアノトリオのようにビートを刻むだけではなく,メロディのようなベースを弾いて掛合いのような演奏を したのです。インタープレイという言葉でも表現されるように,三位一体のトリオへの変革だったわけです。ビルエヴァンスのピアノは、フレーズの組み立て方,ハーモニーの美しさ・・・ ジャズピアニストはみんな影響を受けてると思います。 このアルバムでは、有名なA「枯葉」の他、F「恋とは何でしょう?」もスリリングでいいです。



Waltz for Debby / 1961年6月25日録音 / Bill Evans(p),Scott Lafaro(b),Paul Motian(ds)

@MY FOOLISH HEART AWALTZ FOR DEBBY(take2) BWALTZ FOR DEBBY(take1) CDETOUR AHEAD(take2) DDETOUR AHEAD(take1) EMY ROMANCE(take1) FMY ROMANCE(take2) GSOME OTHER TIME HMILESTONES IPORGY(I LOVES YOU,PORGY)

こちらは、上で紹介したリバーサイドの4部作の一つで、ビルエヴァンスのCDといえばワルツフォーデビーというくらい、 何の本にでも載ってる超有名アルバムです。 ビレッジヴァンガードっていうジャズクラブでのライブ録音で、食事中の食器の音、会話なども聞えます。 この中では「マイ・ロマンス」が好きです。ピアノソロで始まりますが、ここでもハーモニーの美しさに惹かれますね〜。



アローン(+2) / 1968年9月23,24,30日 / 10月8,14,21日録音 / Bill Evans(p)

@HERE'S THAT RAINY DAY AA TIME FOR LOVE BMIDNIGHT MOOD CON A CLEAR DAY(YOU CAN SEE FOREVER) DNEVER LET ME GO EALL THE THINGS YOU ARE/MIDNIGHT MOOD FA TIME FOR LOVE(alternate take)

トリオでも紹介したビルエヴァンスのソロです。ビルエヴァンスのピアノは繊細だとよく言われます。 ハーモニーの美しさからそう言われるのでしょうが、ビルエヴァンスのタッチは実はとても強く,ハーモニーの美しさにも 分析力の強さが感じられます。技術的なことについて、身に付けたいと思ったものは徹底的に分析し、その本質を理解して、 自分に必要なことを繰り返し練習して習得するのだとエヴァンスは語っていました。 僕はこのアルバムの中ではAのタイムフォーラブが好きです。ヴォイシングはやはり絶品です。

  • Bill Evans(ビルエヴァンス)
  • McCoy Tyner(マッコイタイナー)
  • Red Garland(レッドガーランド)
  • Wynton Kelly(ウィントンケリー)
  • Barry harris(バリーハリス)
  • Sonny Clark(ソニークラーク)
  • Kenny Barron(ケニーバロン)