おすすめのJAZZピアノCD

ピープル・タイム / 1991年3月3〜6日録音 / Stan Getz(ts),Kenny Barron(p)
DISK 1
@EAST OF THE SUN(AND WEST OF THE MOON) ANIGHT AND DAY BI'M OKAY CLIKE SOMEONE IN LOVE DSTABLEMATES EI REMEMBER CLIFFORD FGONE WITH THE WIND
DISK 2
@FIRST SONG(FOR RUTH) A(THERE IS)NO GREATER LOVE BTHE SURREY WITH THE FRINGE ON TOP CPEOPLE TIME DSOFTLY,AS IN A MORNING SUNRISE EHUSH-A-BYE FSOUL EYES

このアルバムはスタンゲッツとケニーバロンのデュオによるものです。2人の演奏でこれだけハーモニーとリズムが出せるものなのかと感動しました。 モダンジャズでは,ベースが和音のルートの音やコードトーンを弾き,ピアノは積み重ねる和音を弾くというパターンが一般的なんですが, ベースがいない場合はピアニストはルートの音を多めに使ったり,小節の1拍目をはっきり出しながらベーシストの分も演奏しないとコード感やリズム感が出てきません。 ここでのケニーバロンの演奏はさすがです。また,スタンゲッツの演奏もすばらしいのですが,実は亡くなる3ヶ月前,ガンの痛みに耐えながら演奏した, 彼にとって最後のレコーディングなのです。

  • Bill Evans(ビルエヴァンス)
  • McCoy Tyner(マッコイタイナー)
  • Red Garland(レッドガーランド)
  • Wynton Kelly(ウィントンケリー)
  • Barry harris(バリーハリス)
  • Sonny Clark(ソニークラーク)
  • Kenny Barron(ケニーバロン)