マイナーコードの場合,一般的には,Ⅱm♭5(フラットファイブ)→Ⅴ7alt(オルタード)→Ⅰm6(マイナーシックス)となります。弾き方例を下の譜面に示します。

メジャーコードでは,Ⅱmは下から3・5・7・9(または7・9・3・13),Ⅴ7は,7・9・3・13 (または3・13・7・9),ⅠΔは 3・5・7・9(または7・9・3・5)でしたが,マイナーコードでは,5が♭5に,9が♭9や#9に,13が♭13に変化します。

例えば,最初のDm♭5は,ラ(5)を♭ラ(♭5)にして,9はそのままミとする弾き方もありますが,ここではあまり9thのテンションを強調せず,ミをレ(1)にしています。そしてG7altでは,Dm♭5の♭ラ(♭5)が,そのままG7の♭9となり,G7はファ・♭ラ・シ・♭ミとなります。ここで♭9を#9にして,ファ・♭シ・シ・♭ミ,とすることもできます。

そして,♭シと♭ラは,G7altを印象付ける音になります。


メジャーキーのページの最後にも書きましたが,メジャーでもメロディーやフレーズによってこのツーファイブを使うこともありますし,Ⅱm7は♭5にせずⅤ7をオルタードにしたり,ディミニッシュ(♭9・♮13(例えばG7ではファ・♭ラ・シ・ミ))にすることもあります。