JAZZピアノ練習法 アドリブフレーズ例(メジャーキー)

ジャズピアノ練習法メニュー

 (1) レフトハンドヴォイシング
 (2) アヴェイラブルノートスケール(メジャーキー)
 (3) アヴェイラブルノートスケール(マイナーキー)
 (4) アドリブフレーズ例(メジャーキー)
 (5) アドリブフレーズ例(マイナーキー)
 (6) ブルースと枯葉を覚えてセッションに参加しよう!

(4) アドリブフレーズ例(メジャーキー)

■アドリブフレーズを覚える。
 覚えたフレーズだったらアドリブじゃないじゃないか!?と思われるかもしれませんが、語学を学ぶのと同じで、ある程度のボキャブラリーがないとアドリブは弾けません。
 前のページまででアヴェイラブルノートスケールを説明しましたが、アドリブのときにスケールをそのまま弾くことはあまりありません。 アドリブを弾くには、スケールを理解した上で、次のようなフレーズを覚えていきます。好きなピアニストの真似をしたり自分で作ったりしたフレーズを自然に出てくるように練習しましょう。それがアドリブになります。

 メジャーキーにおけるドリアン→ミクソリディアン系のアドリブフレーズ


ここで説明が遅くなりましたがとても大事なのがリズムです。
よく演奏されるのは、大きく分けて「フォービート」と「ボサノバ」があります。

フォービートはベースが4拍子のビートを刻むいかにもジャズってやつです。クラシックのように1拍3拍を強く弾くのではなく、2拍4拍にアクセントを付けます。いわゆる「アフタービート」ですね。またフォービートでは8分音符がタータ、タータと跳ねる(3連符の1拍目と3拍目で3拍目にアクセントを付けた感じ)ように弾きます。 (管理人のブルース練習)
跳ねすぎるとまたジャズっぽくなくなるので、好きなピアニストの演奏を良く聴いて真似するのが一番です。ピアニストによっても弾き方が違います。

次にボサノバですが、よく演奏される曲は「イパネマの娘」が有名です。いわゆる「ラテン系」リズムです。これはアフタービートではなく、1拍3拍でリズムに乗り、8分音符は跳ねません。

⇒次の記事アドリブフレーズ例(マイナーキー)
⇒前の記事アヴェイラブルノートスケール(マイナーキー)